投稿日:

現状では確実な説はありません。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。
歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
おすすめ⇒効果が高すぎるホワイトニング用歯磨き粉