投稿日:

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。
障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。
インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒歯を白くする方法 歯磨き