投稿日:

先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が認められています。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が勧告しているのです。
例えば葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品指定のものがあります。
こうした食品は妊婦が利用しているケースも多いです。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
妊娠を望む家族の声や、時間的制約による焦りが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるパターンもあって、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
穏やかな気持ちで治療を続けることは妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。
仲良くしている友人が彼女が妊活をしている時に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。
彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。
漢方であれば、妊娠中でも安全性が高いのではないでしょうか。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠できたので、みんなでお祝いを計画しています。
お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。
ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。
今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。
ですから、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。
総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって一体どの成分に注目すればよいのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。
簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。
妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。
一般的な生活で摂取できる分では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。
サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売られていますので、このようなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。
胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。
食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にとっても必要な栄養素なので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。
食事内容はもちろん、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。
特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になると言われていますので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を造る力を強めるという働きがあります。
この効果は不妊改善にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすくなることが期待できます。
それに、血液が増えると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役立つのです。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。
細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛の摂取を心がけてください。
その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。
妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。
亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。
亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。
ぜひご夫婦で亜鉛摂取を試してみてください。
こちらもどうぞ>>>>>妊婦 葉酸 食べ物