投稿日:

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
最近話題になることも多いインプラント。
ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。
注意してください。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるという手段もあります。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。
見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。
定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
参考:自宅で歯を白くする方法は難しい