投稿日:

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。
見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。
入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
参考にしたサイト>>>>>歯磨き粉で歯のホワイトニングを行います