投稿日:

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分はどちらも不足しがちなものです。
普段の食生活ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。
最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、このようなサプリを飲めば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、自分はどうなのだろうと不安になりました。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。
担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。
実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると報告されていますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。
この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすくなるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。
そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、妊娠しやすい体作りができるのです。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が多いと思います。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りていないかもしれません。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。
吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。
妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
ですが、それでかえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。
葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。
ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。
そうした場合、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて管理しやすい為、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。
なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。
妊活中の女性以外にも、男性が摂取した場合、精子が活性化することを手助けしてくれるという訳です。
妊娠はどちらか一人ではできません。
元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみてください。
妊娠しづらい状況を改善するためには、普段の食生活の見直しも重要なことだと思います。
両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が良くないのを放置していると、妊娠しやすい元気な卵子、精子は、あまり期待できないでしょう。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。
偏らない、健全な食生活を大事にしていくといいでしょう。
妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるというデータがあるのです。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。
ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。
葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。
ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。
でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、どのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないという方が殆どだと思います。
そのような場合は、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリを選んでみましょう。
詳しく調べたい方はこちら⇒妊婦さんは葉酸をいつまで使えるのでしょうか